FC2ブログ

徳島いすいえんブログ

渭水苑から 四季折々の風景や料亭ウエディングなどの情報をお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

渭水苑のサルスベリの木に花が咲きました

渭水苑の岡久でございます。
厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか。
こうも暑い日が続くと涼しさを求めてしまいますよね。

先日のブログでゴヨウマツのお話が載っていましたが、
渭水苑のお庭には他にもいろいろな植物がございます。

「サルスベリ」にも綺麗なお花が咲きました。

rps20130731_105325.jpg

サルスベリが別名「百日紅」という名前があるのご存知ですか?
一度花を咲かせたら100日近く咲き続けることからこの名前が
ついたと言われています。




百日紅の花言葉は「愛嬌」


愛らしいお花には古今東西、様々な伝説が存在します。
そしてこの百日紅の伝説は今でも朝鮮半島で語りつがれています。




旅の王子が竜神の生贄にされていた生娘を助け出し、
2人は恋に落ちます。
しかし王子は「使命を果たすまで旅はやめれない」と
娘と100日後の再会を約束してまた旅にでかけるのです。

ところが待ちわびた約束を目の前に娘は亡くなってしまい
帰還した王子は深く悲しみました。

やがて娘のお墓から1本の木が生えてきて紅色の可憐な花を咲かせ
いつまでも咲き続けたため、百日もの間恋人を待ち続けた娘の
生まれ変わりに違いないと、村人たちはこの花を「百日紅」と
名づけたのです。






こんな物語を背景にした名前だったのですね。

そう思って見るとどこか儚げで芯が強い女性のように
見えてくるから不思議です。



今だからこそ楽しめるお庭の風景を
ぜひご来苑された皆様にも味わって頂きたいです。


暑い日の中に小さな涼しさを見つけて
穏やかに過ごしたいものですね。

rps20130731_105231.jpg

| 渭水苑の風景 | 12:09 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isuien.blog74.fc2.com/tb.php/205-73f95373

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。